• すかりぶ
  • » スカリン先生の健康だより(2018年9月号) 

スカリン先生の健康だより(2018年9月号) 


「スカリン先生の健康だより」では、流行性の病気の予防方法や対応方法など、健康に関する情報をコラム形式でご紹介していきます。

 

●夏の疲れは、自律神経の疲れ

●自律神経は、いったい何をしているの?
 自律神経は、心臓、肺、消化器の活動や体温などを自動調整します。自律神経は、興奮状態の交感神経と、鎮静状態の副交感神経に分けられ、シーソーみたいにバランスをとっているのです。全力疾走すれば、交感神経が優位に働き、心拍数、呼吸数が増加し、胃腸の動きは抑制されます。全力疾走は、私達の意志ですが、心拍数、呼吸数の増加は、私達の意志ではありません。疾走により必要になる筋肉に、より多量の血液や酸素を送れるよう、自律神経が勝手に、調整してくれるのです。

●働く自律神経
 赤ちゃんの平熱は、大人に比べ0.5℃ほど高いようです。その平熱を自律神経の働きにより、36.5℃近くに保ちます。暑さに対しては、次の2つが、自律神経の対応です。一つは湿性熱放散の発汗と、もう一つは皮膚から熱を逃がす、乾性熱放散があります。乾性熱放散は、皮膚近くの血管を広げ、体の奥から熱くなった血液を、皮膚近くに運ぶのです。もし、外気温が体温に近ければ、外気温と皮膚温の寒暖差が少なく、乾性熱放散は困難になります。熱中症になり易い年齢は、幼児と高齢者です。何故なら自律神経機能は、10代でピークになり、70代は、10代の約8分の1になっています。幼児と高齢者の自律神経は、簡単に疲れてしまうのです。南国では、大人でもお昼寝の習慣がありますが、鎮静状態の副交感神経を優位にするのに、大いに参考になります。

●自律神経の疲れにマスクをする前頭前野
額のすぐ後ろにある前頭前野は、思考、創造性、意欲、達成感などを発揮する、脳の最高の司令塔で、ヒトの文明に深く貢献して来ました。我々が社会生活を営むために、「本能の内なる声」を前頭前野は制御して来たのです。「本能の内なる声」を発する脳の司令塔は、前頭前野より下位にある、脳幹と呼ばれる部分の周辺にあります。「本能の内なる声」には、自律神経の疲れ(SOS)もあるのです。本当は自律神経の疲れも残っているのに、前頭前野によりマスクされ、無理をしてしまいます。例えば、野生動物にはない、過労死です。野生動物はある程度、腹を満たせば、もう「餌」に拘りません。ヒトのように「餌」を貯蓄するために、さらに無理をして過労することはないのです。

●意識を失う熱中症もある
 ヒトの体温は通常、42度以上にはなりません。42度以下にするのに、一番頼りは「汗」です。体内の水分が数%減ると、のどが渇くと云われます。しかし、「まだ、頑張れる」と前頭前野が、「のどの渇き」という「本能の内なる声」を消すことも。こまめに水分補給に努めましょう。夏の甲子園でも、プレー時間が長くなった場合、試合を中断し、水分補給のため休憩を入れました。熱中症の症状は、めまい、けいれん、脱水症状、大量の汗、頭痛、吐き気や嘔吐、だるさ、意識がおかしいなど。

熱中症の対処法は、
・涼しい場所に速やかに運ぶ
風通しの良い日陰や、クーラーの効いた室内などへ誘導しましょう。
・脱衣と冷却
衣類を緩めたり脱がしたりして、体から熱の放散を助けましょう。顔や身体に濡れタオルを当てたり、霧吹き等で水を掛けたり、ウチワや扇風機で風を送りましょう。氷嚢やアイスバックで、動脈に近い場所(脇の下、首筋、足の付け根など)を冷やせば、なお効果的です。
・水分補給
意識があり、吐き気や嘔吐がない場合は、冷たい水分を補給しましょう。スポーツドリンクや、食塩水(水1リットルに食塩2g)を少しずつ、何回にも分けて与えれば、水分吸収を助けます。もし、吐き気や嘔吐がひどく、水分を受け付けない場合は、病院で点滴治療を受ける必要もあります。
・直ちに救急車
「呼びかけや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない」時には、経口から水分を与えてはいけません。水分が食道以外に入り、水分吸収は望めないのです。体温が40度を超えているのに、汗が出ていなければ、自律神経が破綻してしまった、熱射病の可能性があります。直ちに救急車を呼びましょう。そして救急車が到着するまで、とにかく冷却を続けることが重要です。

 

母子健康手帳Forever

母子健康手帳Foreverは、母子健康手帳に関する話題や出来事などを隔月で提供するコラムです。
時には親の視点で、時には保健師の視点で、時にはママ友の視点で、気軽に読める読み物として綴っていくコラムとなっています。
毎月更新されるすかりぶの「スカリン先生の健康だより」とともにご覧いただければと思います
☆母子健康手帳⇒こちら

 

スカリン先生の健康だより☆バックナンバー

・溺水(できすい)に注意しましょう(2018年8月号)
・麻しんウイルス、そのものを退治する薬はありません(2018年7月号)
・感染症が治った保育園児が登園するめやすについて(2018年6月号)
・よだれが多いのは、悪いこと?(2018年5月号)
・「はなみず」について(2018年4月号)
・ママの運動習慣で変わる、低出生体重児の成人後の健康(2018年3月号)
・小児結核とコッホ現象(2018年2月号)
・分娩で異なる赤ちゃんの腸内細菌(2018年1月号)
・3歳児尿検査について(2017年12月号)
・好奇心いっぱいの幼児は、どうして幸せそうに見えるのか?(2017年11月号)
・10月15日は「世界手洗いの日」です(2017年10月号)
・成長痛、不安と恐怖が足に痛みを生む? 痛いの痛いの飛んでいけ。その不安をやわらげるために(2017年9月号)
・妊娠中の感染(2017年8月号)
・赤ちゃんの夜泣きは、ママの育て方が悪いわけじゃありません(2017年7月号)
・乳児ボツリヌス症(2017年6月号)
・赤ちゃんの便秘。まだまだ未熟な意識的な排便(2017年5月号)
・新生児聴覚検査について(2017年4月号)
・小学校入学前の運動習慣が、小中学校の骨折を防ぐ?(2017年3月号)
・おちんちんについて(2017年2月号)
・もし赤ちゃんが発熱したら(2017年1月号)
・こどものあざは消えるの?(2016年12月号)
・児童虐待とは?(2016年11月号)
・ロタウイルス胃腸炎を予防しましょう(2016年10月号)
・赤ちゃんがB型肝炎ウイルスに感染すると、将来肝臓ガンになりやすい(2016年9月号)
・夏休みは海外へ(2016年8月号)
・赤ちゃんへ笑顔の話しかけが、言葉の発達を促す(2016年7月号)
・蚊が媒介する感染症の予防(2016年6月号)
・お肌の荒れが食物アレルギーの原因??(2016年5月号)
・梅毒とは(2016年4月号)
・ジカ熱について(2016年3月号)
・インフルエンザについて(2016年2月号)
・A型肝炎について(2016年1月号)
・低身長症について(2015年12月号)
・心雑音について(2015年11月号)
・B型肝炎について(2015年10月号)
・日本脳炎について(2015年9月号)
・SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について(2015年8月号)
・MERS(中東呼吸器症候群)について(2015年7月号)
・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について(2015年6月号)
・伝染性紅斑(リンゴ病)について(2015年5月号)
・食物アレルギーについて(2015年4月号)
・アレルギー性紫斑病について(2015年3月号)
・HTLV-1 について(2015年2月号)
・川崎病について(2015年1月号)
・マイコプラズマ肺炎について(2014年12月号)
・RSV(RSウイルス)と予防法(2014年11月号)
・熱性けいれんについて(2014年10月号)
・デング熱について(2014年9月)
・水痘(水ぼうそう)とワクチンについて(2014年8月号)
・手足口病とヘルパンギーナについて(2014年7月号)
・BCGについて(2014年6月号)
・ポリオとポリオワクチンについて(2014年5月号)
・麻疹と風疹(2014年4月号)
・ママと赤ちゃんの良好な関係は、スキンシップから(2014年3月号
・免疫機能は腸管から(2014年2月号)
・乾燥の季節がやって来た。(2014年1月号)
・新種のノロウイルスが、世界中を巡っています(2013年12月号)
・乳幼児に肺炎を引き起こすRSウイルスが、流行中です(2013年11月号)
・こどもの好き嫌いは、本能から?(2013年10月号)
・胎児から愛をこめて(2013年9月号)
・夏に子どもが、かかりやすい感染症(2013年8月号)
・赤ちゃんの夜泣き(2013年7月号)
・食中毒に注意しましょう!(2013年6月号)
・毎日朝食を食べる子は、学力アップ?(2013年5月号)
こどもの花粉症が増加中(2013年4月号)
・PM2.5の横須賀市内測定値が、開示中です(2013年3月号)
・風疹が神奈川県で流行中(2013年2月号)
・インフルエンザウイルスの流行が始まりました(2013年1月号)
・ノロウイルスに注意しましょう!!(2012年12月号)

サービスの種類で探す
体験・イベントサービスのあるお店を探す
安心・便利なサービスのあるお店を探す
お得なサービスのあるお店を探す
目的から探す
食べる
買う
学ぶ
サービス
不動産
施設
団体・サークル
メディア
お店を検索する
地図検索ページを開く
子どもが主役になれるまち 横須賀
スカリン先生の健康だより
幼児食レシピ
みんなで元気!
子どもが休日・夜間に急病になったとき
(外部サイト)こどもの救急
(外部サイト)横須賀市医師会
(外部サイト)横須賀市歯科医師会
(外部サイト)ごきんじょぶ
横須賀市ホームページ
横須賀市コールセンター