• すかりぶ
  • » スカリン先生の健康だより(2018年5月号) 

スカリン先生の健康だより(2018年5月号) 


「スカリン先生の健康だより」では、流行性の病気の予防方法や対応方法など、健康に関する情報をコラム形式でご紹介していきます。

 

よだれが多いのは、悪いこと?

よだれの増減
生後3ヶ月くらいからよだれが増え、離乳食開始、乳歯が生える時期に、さらに増えます。1歳、2歳くらいからは、よだれの垂れも少なくなるようです。赤ちゃんは、口を閉じる筋肉が未発達な上に、鼻づまり等で口呼吸をして、口を開いたまま過ごします。口が閉じたままなら、よだれも出ません。遊びの中で口を閉じる、機会を増やしましょう。おもちゃのラッパを吹いたり、ママが「あっぷっぷ」と、にらめっこをするように口が閉じると、赤ちゃんは、大好きなママの真似をしてくれます。よだれが多いと、赤ちゃんの敏感な肌が、かぶれてしまう恐れがあります。口の周り、顎や首は、好発部位です。すぐに拭いて、かぶれが出る前に、なるべく早く行動しましょう。無色透明な「はなみず」
生理的な「はなみず」は無色透明で水性ですが、ウイルス感染やアレルギー性鼻炎でも無色透明です。無色透明でも、「はなみず」以外の症状もあるときや、「はなみず」の多い状態が続くときは、かぜやアレルギー性鼻炎などの可能性もありますので、かかりつけの医師などに相談しましょう。

よだれは少ない方いいの?
いいえ、少ないより多い方がむしろ好ましいのです。よだれ(唾液)には、以下の働きがあります。    
1)口内の食物に潤いを与え、咀嚼と嚥下を助ける
2)デンプンを消化
3)口内の洗浄と抗菌作用
4)口内の粘膜保護、傷の修復
5)摂取した物による口内の急激な酸性化を和らげ、歯を守る

口内の急激な酸性化とは?
食後、口内に残った、砂糖とデンプン等の炭水化物をエサに、口腔内細菌が、酸を生成し、またさらに、酸性の飲食物でも、口内は酸性化します。歯は硬いエナメル質が覆われているのです。この硬いエナメル質も、酸に腐食され、虫歯になることがあります。唾液中の重炭酸塩やリン酸塩は、酸を中和する成分です。酸っぱい食物を見たり、食べたりすると、唾液が分泌するのは、酸性の飲食物から酸性化を和らげます。

よく噛むと、頭が良くなる?
よく噛むと、唾液が出ます。その唾液中には、神経栄養因子が含まれ、その名の通り、神経に栄養を与える物質です。老いたラットでは、海馬の神経栄養因子量が減少しています。海馬とは、「新しい記憶」を獲得する脳の一部分です。もし、海馬が損傷すれば、昔のことは覚えていても、新しいことはすぐに忘れてしまいます。海馬が萎縮した、アルツハイマー型認知症認知症の症状です。学習能力の低下した、老いたラットに、神経栄養因子を1カ月間投与すると、その学習能力は改善します。ヒトの場合でも、噛む回数が減り、唾液が減少すると、脳の老化を早めます。唾液中の神経栄養因子が、少なくなるからです。

唾液は、胃潰瘍をも修復する?
また、唾液中には、上皮成長因子も含まれ、粘膜の細胞に働き掛け、口、及び消化管の傷を修復します。胃潰瘍があっても、唾液中の上皮成長因子が働くのです。外に出るよだれは、他者への感染原因となり不潔です。しかし、自分の消化管に入れば、メリットとなります。

 

母子健康手帳Forever

母子健康手帳Foreverは、母子健康手帳に関する話題や出来事などを隔月で提供するコラムです。
時には親の視点で、時には保健師の視点で、時にはママ友の視点で、気軽に読める読み物として綴っていくコラムとなっています。
毎月更新されるすかりぶの「スカリン先生の健康だより」とともにご覧いただければと思います
☆母子健康手帳⇒こちら

 

スカリン先生の健康だより☆バックナンバー

・「はなみず」について(2018年4月号)
・ママの運動習慣で変わる、低出生体重児の成人後の健康(2018年3月号)
・小児結核とコッホ現象(2018年2月号)
・分娩で異なる赤ちゃんの腸内細菌(2018年1月号)
・3歳児尿検査について(2017年12月号)
・好奇心いっぱいの幼児は、どうして幸せそうに見えるのか?(2017年11月号)
・10月15日は「世界手洗いの日」です(2017年10月号)
・成長痛、不安と恐怖が足に痛みを生む? 痛いの痛いの飛んでいけ。その不安をやわらげるために(2017年9月号)
・妊娠中の感染(2017年8月号)
・赤ちゃんの夜泣きは、ママの育て方が悪いわけじゃありません(2017年7月号)
・乳児ボツリヌス症(2017年6月号)
・赤ちゃんの便秘。まだまだ未熟な意識的な排便(2017年5月号)
・新生児聴覚検査について(2017年4月号)
・小学校入学前の運動習慣が、小中学校の骨折を防ぐ?(2017年3月号)
・おちんちんについて(2017年2月号)
・もし赤ちゃんが発熱したら(2017年1月号)
・こどものあざは消えるの?(2016年12月号)
・児童虐待とは?(2016年11月号)
・ロタウイルス胃腸炎を予防しましょう(2016年10月号)
・赤ちゃんがB型肝炎ウイルスに感染すると、将来肝臓ガンになりやすい(2016年9月号)
・夏休みは海外へ(2016年8月号)
・赤ちゃんへ笑顔の話しかけが、言葉の発達を促す(2016年7月号)
・蚊が媒介する感染症の予防(2016年6月号)
・お肌の荒れが食物アレルギーの原因??(2016年5月号)
・梅毒とは(2016年4月号)
・ジカ熱について(2016年3月号)
・インフルエンザについて(2016年2月号)
・A型肝炎について(2016年1月号)
・低身長症について(2015年12月号)
・心雑音について(2015年11月号)
・B型肝炎について(2015年10月号)
・日本脳炎について(2015年9月号)
・SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について(2015年8月号)
・MERS(中東呼吸器症候群)について(2015年7月号)
・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について(2015年6月号)
・伝染性紅斑(リンゴ病)について(2015年5月号)
・食物アレルギーについて(2015年4月号)
・アレルギー性紫斑病について(2015年3月号)
・HTLV-1 について(2015年2月号)
・川崎病について(2015年1月号)
・マイコプラズマ肺炎について(2014年12月号)
・RSV(RSウイルス)と予防法(2014年11月号)
・熱性けいれんについて(2014年10月号)
・デング熱について(2014年9月)
・水痘(水ぼうそう)とワクチンについて(2014年8月号)
・手足口病とヘルパンギーナについて(2014年7月号)
・BCGについて(2014年6月号)
・ポリオとポリオワクチンについて(2014年5月号)
・麻疹と風疹(2014年4月号)
・ママと赤ちゃんの良好な関係は、スキンシップから(2014年3月号
・免疫機能は腸管から(2014年2月号)
・乾燥の季節がやって来た。(2014年1月号)
・新種のノロウイルスが、世界中を巡っています(2013年12月号)
・乳幼児に肺炎を引き起こすRSウイルスが、流行中です(2013年11月号)
・こどもの好き嫌いは、本能から?(2013年10月号)
・胎児から愛をこめて(2013年9月号)
・夏に子どもが、かかりやすい感染症(2013年8月号)
・赤ちゃんの夜泣き(2013年7月号)
・食中毒に注意しましょう!(2013年6月号)
・毎日朝食を食べる子は、学力アップ?(2013年5月号)
こどもの花粉症が増加中(2013年4月号)
・PM2.5の横須賀市内測定値が、開示中です(2013年3月号)
・風疹が神奈川県で流行中(2013年2月号)
・インフルエンザウイルスの流行が始まりました(2013年1月号)
・ノロウイルスに注意しましょう!!(2012年12月号)

サービスの種類で探す
体験・イベントサービスのあるお店を探す
安心・便利なサービスのあるお店を探す
お得なサービスのあるお店を探す
目的から探す
食べる
買う
学ぶ
サービス
不動産
施設
団体・サークル
メディア
お店を検索する
地図検索ページを開く
子どもが主役になれるまち 横須賀
スカリン先生の健康だより
幼児食レシピ
みんなで元気!
子どもが休日・夜間に急病になったとき
(外部サイト)こどもの救急
(外部サイト)横須賀市医師会
(外部サイト)横須賀市歯科医師会
横須賀市ホームページ
横須賀市コールセンター