工場・施設見学へGo!

 このページでは、横須賀市内で見学できる工場や研究施設をご紹介!
 見学のお申し込みは、各工場や研究施設へ直接どうぞ。

日産自動車 追浜工場

★最高の品質を追求したクルマづくりを体感!

 追浜工場は、わが国初の本格的乗用車工場として1961年(昭和36年)に操業を開始しました。最新技術の導入に意欲的に取り組み、1970年(昭和45年)には業界初の溶接ロボットを導入。世界でも屈指の自動化の進んだ乗用車組み立て工場として発展してきました。

★世界初の量産型電気自動車生産工場です。

 追浜工場は、量産型として世界初の電気自動車である“日産リーフ”のマザー工場となっているほか、“ジューク”などのコンパクトカーを生産しています。工場見学では、組立・検査ラインと専用埠頭の見学ができます。

トリム(車両組立)

<車体組立>
薄い銅板をプレス加工して、自動溶接ロボットでボディの形に組み立てます。

<トリム(車両組立)>
塗装されたボディにシートやコクピットモジュールなどの内外装部品を取り付けます。

<ユニットマウント>
ボディにエンジン、トランスミッション、シャシーなど主要ユニットを組みつけます。

ファイナルテスト

<ファイナルテスト>
走行検査をはじめ、ブレーキ、計器などの点検・調整のほか、排出ガス検査、高圧シャワーによる水漏れテストなど厳しい品質チェックを行います。

★見学のご案内

見学実施日:月~金曜日9:30~11:00、13:30~15:00
見学申し込み:日産追浜工場HPの応募フォームよりお申し込みください。見学に関する詳しい情報はHPでご確認下さい。
 ●日産追浜工場HPはこちら
電話:046-867-5013(追浜工場ゲストホール)
住所:〒237-8523 横須賀市夏島町1
アクセス:京急追浜駅から徒歩約20分

 

海洋研究開発機構横須賀本部(JAMSTEC)

★実物で体験する海洋・深海の世界を体感!

しんかい6500実物大模型

 海洋研究開発機構(JAMSTEC ジャムステック)は、平和と福祉の理念に基づき、海洋に関する研究開発を行うことにより、海洋科学技術の向上と発展を目的とした研究施設です。

 横須賀本部では、船舶や潜水調査船、観測機器などJAMSTECが誇る研究施設の数々を見学することができます。

★最先端の研究や実物大の潜水調査船の模型でリアルな体験を!

 

しんかい6500コックピット

高圧実験水槽棟の見学や、世界で一番深く潜ることができる有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型のコックピットに入り、パイロット気分を味わえます。

 

コノハナガニ

生物展示室では、海底の熱水噴水域に生息する深海生物を観察することができます。

 
 
★見学のご案内

見学申し込み:個人見学ツアーは、必要項目をご記入のうえ、開催日1週間前の金曜日17時までにメール(kengaku@jamstec.go.jp)もしくはお電話にてお申し込みください。団体ツアーや英語でのツアーもあります。詳しくはHPをご覧ください。
 ●海洋研究開発機構横須賀本部のHPはこちら
電話:046-867-9073・9069(事業推進部 広報課 見学担当)
住所:〒237-0061 横須賀市夏島町2-15
アクセス:京急追浜駅から「住友重機械行きバス」で「独立行政法人海洋研究開発機構」バス停下車。

 

NTTドコモR&Dセンタ

★最新の技術を体感!

 

NTTドコモR&Dセンタは、1998年(平成10年)にオープンした世界でも最大級のモバイル研究開発施設です。

ここで研究されている先端技術を体感できるのが、展示ホール「WHARF(ワーフ)」です。この展示ホールでは、どなたでも少し先の未来を体験することができます。

 

 

★移動通信の最先端技術をさまざまな角度からご紹介します。

仮想現実のまちが出現!

<なんでもインタフェース>
メガネ型ディスプレーを着けて手元の雑誌を見ると、雑誌の上にみなとみらいのまちが浮かび上がった!
これが、身近なものをディスプレイやキーボードなどに変える「なんでもインタフェース」。
“メガネ型ディスプレーに、現実の風景とさまざまな情報を重ねる方法”で仮想現実の世界を体験。
おとなでもワクワク楽しめる技術です。

 

 

LTE(Long Term Evolution)

<LTE(Long Term Evolution)>
ドコモの “Xi(クロッシィ)”対応端末には「LTE」という高速モバイル通信技術が利用されています。LTEは、国際標準規格上、最大で300 Mbpsの高速通信が可能。
このコーナーでは商用サービスに先立ち、世界ではじめてドコモが開発したLTE実験装置と高速通信のデモンストレーションを見ることができます。

 

 

<モバイル空間統計>
 「モバイル空間統計」は、携帯電話ネットワークの仕組みを使った人口の統計情報。地域や時間ごとの人口分布、地域間の人口移動の様子などが分かります。
ここでは、仮想都市の市長になって「モバイル空間統計」から分かる情報を使いながら、より住みやすいまちをつくるためのシミュレーションが体験できます。

 

VOICE IT!

<VOICE IT!>
調べたいことや使いたい機能をスマートフォンに話しかけると、その内容に応じて、関連サイトの表示や端末機能の起動をしてくれます。
話しかければ何でも応えてくれる携帯電話も夢じゃない!

 

 

★見学のご案内

見学申し込み:見学は予約制となっています。下記HPの「見学カレンダーの確認・お申込み」ページよりお申し込みください。
 ●NTTドコモR&DセンタのHPはこちら
見学実施日:月~金のみで、1日に3回実施しています。
電話(展示ホール見学専用):046-840-3946(月~金曜日の9:30~12:00、13:00~17:00にお問い合わせください)
住所:〒239-8536 横須賀市光の丘3-5(横須賀リサーチパーク内)
アクセス:京急YRP野比駅下車、駅前バス停から「YRP行き」または「YRP経由通研行き」バスで「YRPセンタ」下車。

 

リサイクルプラザ“アイクル”

★「容器包装リサイクル法」に基づく分別収集に対応する国内最大規模の施設!

横須賀市リサイクルプラザは、「容器包装リサイクル法」に基づく分別収集に対応する国内最大規模の施設です。
家庭から分別排出された資源ごみを、選別、圧縮、梱包、一時保管をして、リサイクル事業者に引き渡すリサイクル施設と、再生家具の提供やリサイクル体験教室の実施などを通じて市民へのリサイクル意識の啓発を行うプラザ施設という二つの機能を持っています。21世紀における“循環都市よこすか”のシンボルとして、またリサイクル活動の交流拠点となることを目指しています。
リサイクルプラザ“アイクル”ホームページ

★見学のご案内


リサイクルプラザの役割について理解を深めていただくために、スタッフによるガイドツアーを実施しております。リサイクルプラザの概要とリサイクルの流れをまとめた案内ビデオをご覧いただいた後、見学通路を回りながら、展示コーナーやプラットホーム、貯留ピット、選別機器などのプラント設備について丁寧な説明を加えながらご案内いたします。
ごみの分別やリサイクルについて学ぶことができますので、どうぞお気軽にご利用ください。

◎見学時間:午前(10:00~11:30)、午後(13:30~15:00)
◎見学できない日:休館日(月曜日、祝日の場合は翌日および翌々日)、祝日の翌日(日曜日にあたる場合は、繰り下げて休暇日)、土・日曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、その他臨時休館日
◎事前申込制です。見学の詳細・申込方法等は、⇒⇒⇒こちらをご覧ください

サービスの種類で探す
体験・イベントサービスのあるお店を探す
安心・便利なサービスのあるお店を探す
お得なサービスのあるお店を探す
目的から探す
1.食べる
2.買う
3.遊ぶ/学ぶ
4.生活する
5.その他
お店を検索する
地図検索ページを開く
子どもが主役になれるまち 横須賀
スカリン先生の健康だより
幼児食レシピ
みんなで元気!
子どもが休日・夜間に急病になったとき
(外部サイト)こどもの救急
(外部サイト)横須賀市医師会
(外部サイト)横須賀市歯科医師会
横須賀市ホームページ
横須賀市コールセンター