• すかりぶ
  • » スカリン先生の健康だより(2018年11月号) 

スカリン先生の健康だより(2018年11月号) 


「スカリン先生の健康だより」では、流行性の病気の予防方法や対応方法など、健康に関する情報をコラム形式でご紹介していきます。

 

●自己肯定感は、育児放棄と同様に、過保護でも育たない?

◎自己肯定感とは?
 「ありのまま、そのままの自分を、自分自身が認める」、「自分は大切な存在」、「自分はかけがえのない存在」だと思える感覚。この感覚がないと、自分自身はもちろん、他者も尊重することが困難になります。 理想は子供の生存の安全を脅かさない、安心出来る家庭で育ち、家庭外で何があろうとも、笑顔で迎えてくれる安全基地みたいな、養育者がいることです。新しいことに挑戦する時、不安や恐怖を感じても、「大丈夫、安全基地があるから」という、自己肯定感があれば、挑戦出来ます。たとえ失敗しても、再挑戦すればきっと大丈夫。そんな前向きで積極的な考え方に繋がるのです。

◎自己肯定感が育たないと
・精神的に不安定で、すぐに涙を見せたり、攻撃的になったりする。
・主体性が低く、自信がなく、物事を否定的に捉える。
・受身的で、他者からの評価を必要以上に気にする。
・他者と比べて、落ち込み易くなる。
・失敗から逃げる。失敗すると自己価値まで否定しまう、そんな偏見を持っているため、結果的に、問題解決能力が低下してしまうこともある。
・他者を過剰に期待し過ぎてしまい、「あれもしてくれない。これもしてくれない」が、口癖になる人もいる。
・置かれている状況や、人間関係について、違和感を持っていることも多い。
・罪悪感を持ち易く、楽しく生きられない。

◎毎年11月は児童虐待防止推進月間
 全国の警察が今年(1~6月)に、虐待の疑いで、児童相談所に通告した、18歳未満の子は、過去最多の3万7113人になりました。7年連続の増加で年間で最多だった、昨年の(1~6月)人数を超えてしまったようです。児童虐待には、DVや夫婦喧嘩を子供に見せたりする、心理的虐待や、育児放棄、身体的虐待などがあります。育児放棄された被虐待児は、その存在を無視されるため、自己肯定感が育ちません。神聖ローマ帝国時代、赤ちゃん50人にアイコンタクトや笑顔、話掛けの3つとも禁止し育てたところ、ミルク、排泄、風呂をしたにも関わらず、全員亡くなったそうです。

◎過保護な養育でも、
育児放棄と真逆の過保護でも、自己肯定感が育ちません。過保護な養育とは、絶対に失敗しないような、環境に子供を置くことです。「あれは危ない」「これは悪い」などと、失敗する可能性をあらかじめ摘み取っては、能力は向上しません。また、自発性をも奪ってしまうのです。脳の発達は、自発的な活動をする時、伸びると言われています。興味や好奇心が働いた事に、楽しく集中すれば、ドーパミンが脳内に溢れ出すのです。ドーパミンは、やる気ホルモンとも言われ、ヒトの高度な知性をも伸ばします。もちろん、やけど、交通事故、高所、誤飲などなど、致命的になりうる怪我は、未然に防がなければなりません。しかし、過保護な養育者は殆んど、知らず知らずに、その意図(子供の健やかな成長)に反し、子供の自己肯定感を減じているのです。

◎自己肯定感を育てるには
子供が自発的に何かに取り組んだ時、成功でも失敗でもまずは、本人に体験させることです。成功はもちろん認めます。失敗しても、それを指摘するのではなく、再挑戦する行動を見守りましょう。小さなステップでも、成功体験を積み重ねていけば、「やればできる」「自分は素晴らしい」という、気持ちが強くなります。だんだん自信が付き、自己肯定感が高まって行くのです。

 

母子健康手帳Forever

母子健康手帳Foreverは、母子健康手帳に関する話題や出来事などを隔月で提供するコラムです。
時には親の視点で、時には保健師の視点で、時にはママ友の視点で、気軽に読める読み物として綴っていくコラムとなっています。
毎月更新されるすかりぶの「スカリン先生の健康だより」とともにご覧いただければと思います
☆母子健康手帳⇒こちら

 

スカリン先生の健康だより☆バックナンバー

・首都圏で風しんが増えています(2018年10月号)
・夏の疲れは、自律神経の疲れ(2018年9月号)
・溺水(できすい)に注意しましょう(2018年8月号)
・麻しんウイルス、そのものを退治する薬はありません(2018年7月号)
・感染症が治った保育園児が登園するめやすについて(2018年6月号)
・よだれが多いのは、悪いこと?(2018年5月号)
・「はなみず」について(2018年4月号)
・ママの運動習慣で変わる、低出生体重児の成人後の健康(2018年3月号)
・小児結核とコッホ現象(2018年2月号)
・分娩で異なる赤ちゃんの腸内細菌(2018年1月号)
・3歳児尿検査について(2017年12月号)
・好奇心いっぱいの幼児は、どうして幸せそうに見えるのか?(2017年11月号)
・10月15日は「世界手洗いの日」です(2017年10月号)
・成長痛、不安と恐怖が足に痛みを生む? 痛いの痛いの飛んでいけ。その不安をやわらげるために(2017年9月号)
・妊娠中の感染(2017年8月号)
・赤ちゃんの夜泣きは、ママの育て方が悪いわけじゃありません(2017年7月号)
・乳児ボツリヌス症(2017年6月号)
・赤ちゃんの便秘。まだまだ未熟な意識的な排便(2017年5月号)
・新生児聴覚検査について(2017年4月号)
・小学校入学前の運動習慣が、小中学校の骨折を防ぐ?(2017年3月号)
・おちんちんについて(2017年2月号)
・もし赤ちゃんが発熱したら(2017年1月号)
・こどものあざは消えるの?(2016年12月号)
・児童虐待とは?(2016年11月号)
・ロタウイルス胃腸炎を予防しましょう(2016年10月号)
・赤ちゃんがB型肝炎ウイルスに感染すると、将来肝臓ガンになりやすい(2016年9月号)
・夏休みは海外へ(2016年8月号)
・赤ちゃんへ笑顔の話しかけが、言葉の発達を促す(2016年7月号)
・蚊が媒介する感染症の予防(2016年6月号)
・お肌の荒れが食物アレルギーの原因??(2016年5月号)
・梅毒とは(2016年4月号)
・ジカ熱について(2016年3月号)
・インフルエンザについて(2016年2月号)
・A型肝炎について(2016年1月号)
・低身長症について(2015年12月号)
・心雑音について(2015年11月号)
・B型肝炎について(2015年10月号)
・日本脳炎について(2015年9月号)
・SFTS(重症熱性血小板減少症候群)について(2015年8月号)
・MERS(中東呼吸器症候群)について(2015年7月号)
・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について(2015年6月号)
・伝染性紅斑(リンゴ病)について(2015年5月号)
・食物アレルギーについて(2015年4月号)
・アレルギー性紫斑病について(2015年3月号)
・HTLV-1 について(2015年2月号)
・川崎病について(2015年1月号)
・マイコプラズマ肺炎について(2014年12月号)
・RSV(RSウイルス)と予防法(2014年11月号)
・熱性けいれんについて(2014年10月号)
・デング熱について(2014年9月)
・水痘(水ぼうそう)とワクチンについて(2014年8月号)
・手足口病とヘルパンギーナについて(2014年7月号)
・BCGについて(2014年6月号)
・ポリオとポリオワクチンについて(2014年5月号)
・麻疹と風疹(2014年4月号)
・ママと赤ちゃんの良好な関係は、スキンシップから(2014年3月号
・免疫機能は腸管から(2014年2月号)
・乾燥の季節がやって来た。(2014年1月号)
・新種のノロウイルスが、世界中を巡っています(2013年12月号)
・乳幼児に肺炎を引き起こすRSウイルスが、流行中です(2013年11月号)
・こどもの好き嫌いは、本能から?(2013年10月号)
・胎児から愛をこめて(2013年9月号)
・夏に子どもが、かかりやすい感染症(2013年8月号)
・赤ちゃんの夜泣き(2013年7月号)
・食中毒に注意しましょう!(2013年6月号)
・毎日朝食を食べる子は、学力アップ?(2013年5月号)
こどもの花粉症が増加中(2013年4月号)
・PM2.5の横須賀市内測定値が、開示中です(2013年3月号)
・風疹が神奈川県で流行中(2013年2月号)
・インフルエンザウイルスの流行が始まりました(2013年1月号)
・ノロウイルスに注意しましょう!!(2012年12月号)

サービスの種類で探す
体験・イベントサービスのあるお店を探す
安心・便利なサービスのあるお店を探す
お得なサービスのあるお店を探す
目的から探す
食べる
買う
学ぶ
サービス
不動産
施設
団体・サークル
メディア
お店を検索する
地図検索ページを開く
子どもが主役になれるまち 横須賀
スカリン先生の健康だより
幼児食レシピ
みんなで元気!
子どもが休日・夜間に急病になったとき
(外部サイト)こどもの救急
(外部サイト)横須賀市医師会
(外部サイト)横須賀市歯科医師会
(外部サイト)ごきんじょぶ
横須賀市ホームページ
横須賀市コールセンター